日経平均リアルチャート

まずは、あなたにお聞きしたいことがあります。

明日株価が上昇することだけを願っていませんか?

株式投資を行なっている多くの人は
自分の買った株の株価が上がることだけを
望んでいるのではないでしょうか。

しかし中には株価が上がるだけでなく、
下がることを望んでいる人がいることをご存知でしょうか?

実は、株式投資は株価が上がった時だけ
利益を上げられるものではないんです。

例え株価が下がったとしても利益を得ることができるのです。

そして今回ご紹介する手法はあなたに下降相場でも
利益を狙えるようになっていただくための手法です。

この手法を身に付けていただければ、あなたは上昇相場でも
下降相場でも関係なく、着実に利益を狙えるようになるでしょう。

株式投資はしっかりとした知識を身につければ、いつでもどこでも収入を得ることができるようになります。私は、チャートの読み方を徹底的にお教えします。なぜなら、チャートを読む力は、今後一生使えるあなたの財産となるからです。チャートは絶対にウソをつきません。そこに現れる明確なサインは誰にでも見極められるようになります。株式投資で稼ぐ為に重要なのは、そのサインを知っているか、いないか、それだけなのです。

さて、早速ですがこちらをご覧ください。
これは実際に私の『空売り』手法を学ばれた生徒さんの成績画像です。

【池田様】

【O様】

【I様】

ご覧いただくと分かる通り、1ヶ月で40万円、80万円の利益を上げられている方から
2016年の1年間で4000万円以上の利益を上げられた方もいます。

これこそがまさに上昇相場でも下降相場でも関係なく
利益を上げられることによって得られた結果なのです。

今回ご紹介する『空売り』手法を身に付けていただければ、
今まで上昇相場だけでトレードしてきたという方は
さらに下落局面でもエントリーの機会をうかがうことができます。

ということは、その分利益を上げられるチャンスに巡り合う機会も
多くなるということなのです。

もちろん、上記の生徒さんのような成績を上げていただくことも
十分に可能だと考えています。

では・・・・

そもそも「空売り」とは何でしょうか?

「下降相場でもトレードが可能になる?」

そんな疑問を持たれた方もいるのではないでしょうか。

株式投資に対する世間の一般的なイメージは
「株は安く買って高く売るもの」だと思います。

そして、実際に私がこれまでお教えしてきたことは
まさに「株を安く買って、高く売る」ことで利益を得る手法でした。

対して空売りは、
株を持っていなくても(あらかじめ買っていなくても)売ることができるのです。

「株を借りて売る、そして後で買って返すことができる」

という方がわかりやすいでしょうか。

保持していない株を売ることから、「空売り」と言います。

つまり、株価が下がるサインが出たら空売りを仕掛け、
株価が下がった時に買い戻すことで利益を得ることができるわけです。

この空売りを使いこなせば、上昇相場だろうが下落相場だろうが関係ありません。

株価は主に上下に動くわけですから、
上がると思えば買い、下がると思えば空売りをすればいいのです。

「買い」だけの上昇相場でのトレードに加え
下降相場でのトレードも可能になるので、
トレード機会を大きく増やすことができ、
利益を得られる可能性も今以上に高くなるはずです。

それだけではありません。

「空売り」には大きなメリットがあるのをご存知でしょうか?

トレード機会を大きく増やすことができるということは
先ほどご説明した通りですが、その他にも、
空売りは『短期間で大きな利益に繋がりやすい』のです。

どういうことかというと・・・

買う時はみんな、慎重に買いますよね。

「上がってくれ」と願いつつ慎重に買いポイントを探します。

そして、徐々に株価が上がっていくわけですが、
その株が天井を打ち、株価が下がり始めるとどうなるでしょうか?

株を持っている人たちは、

「まずい下がりはじめた・・・利益が無くなっちゃう!」

「いきなりマイナスだ!」などなど、

株をバンバン売り始めます。

売り始めると株価は下がり、売りが売りを呼ぶパニック売りとなるわけです。

「お金を失いたくない」という当たり前の感情が、
「慎重な買い」と「投げ売り」に繋がり、

上げはゆっくり、下げは早いという特徴を生み出しているわけです。

実例をご覧ください。

2016年年初〜の急落相場

2016年年初〜の急落相場

2016年4月末の急落相場 2016年4月末の急落相場

もちろんこれは悪いことでもなんでもありません。

空売りの仕方さえ覚えてしまえば、上げはゆっくり、
下げは早いという特徴も大きな収益に繋がるのです。

下げは早いということは、短期間で大きな利益を得やすいということ。

下落相場はもちろん、上昇相場でも空売りポイントをしっかり把握し、
的確に空売りをしかけることで、短期間で大きな利益を狙うことができます。

さらに空売りには、下降相場でトレードするという性質上、
塩漬け状態になりにくいという特徴があります。

株価は長期にわたって高値圏にあることはあまりありませんが、
長期にわたって底値になることはあります。

上昇後に一時下降すれば、再びすぐに急上昇することは考えにくいです。

そのことから考えても空売りを仕掛けて、
仮に上昇してしまいロスカットに失敗したとしても、
短い期間で下がってくることが多く、塩漬けになりにくいのです。

空売りのメリットをまとめると以下の通りです。

空売りのメリット

下落局面でもしっかりと利益を出すことができる

株価が下がり続けているのを見て指をくわえて見ている場合ではありません。空売りを的確に使いこなせば下落局面でもしっかりと利益を出せますし、空売りを覚えることにより株価が上がろうが下がろうが利益を狙えるので、株式投資から利益を得られるチャンスも広がるでしょう。

利益を出すまでに結果が早い

株価は上昇したり下降したりとその繰り返しですが上昇のスピードよりも下降のスピードの方が圧倒的に早いです。ですので同じ利幅を取ろうとしても空売りの方が短期間で結果を出せる可能性が高いです。1年かけて上昇した株価が数ヶ月ほどで大暴落する事はよくあることです。

空売りに塩漬けはほとんどない

株価の性質を考えますと、株価は長期にわたって高値圏にあることはあまりありませんが、長期にわたって底値になることはあります。上昇後に一時下降すれば、再びすぐに急上昇することはまれです。そのことから考えても空売りを仕掛けて、仮に上昇してしまいロスカットに失敗したとしても、短い期間で下がってくることが多く塩漬けになりにくいという特徴があります。

『空売り』はリスクが高い?

さて、ここまで『空売り』のメリットについて散々お話ししてきましたが、『空売り』に対し、こんなイメージを持たれている方もいるのではないでしょうか?

  • ・下降相場でトレードするなんて怖い
  • ・『空売り』って難しそう
  • ・失敗して大きな損失を被ってしまいそう
  • ・信用取引が怖い

確かに、

「なんとなく下がりそうだから空売りをしてみよう・・・」

そんなことを思いながら空売りを実践していては
危険なトレードになりかねませんし、
損失を被ってしまう可能性も大いにあるでしょう。

株式投資で失敗してしまう人の多くは
トレードルールを持たずに「なんとなく」といった
自分の感覚でトレードしてしまっているのです。

しかし、実は
株価が上がるのも下がるのも理由があるのです。

そしてそれはチャートから知ることができるのです。

だからこそ、チャートの見方を正確に覚えていただければ
あなたは「なんとなく」といった曖昧な感情ではなく、
根拠を持ち、株価の動きを予測できるようになるでしょう。

このマニュアルでは基礎編でお伝えできなかったチャート上のサインを
伝授しますので、さらにチャートを読み解く力をつけていただけると思います。

そうすることで、今日株価が上がった(下がった)理由を理解することも、明日以降の株価の動きを正確に予測することも、可能になると思います。

そのため、リスクを最小限に抑えながらも着実に利益を狙えるようになるのです。

また「空売りは難しいものだ」と考えている人もいるかもしれませんが、
実は、その本質は「買い」のトレードとさほど変わらないものです。

なぜなら買いと同様に、株価が下がる「サイン」が出たら
空売りのエントリーを仕掛けるからです。

株価が下がるサインが出たら『空売り』を仕掛け、
株価が上がるサインが出たら手仕舞い(買い戻し)をすればいいだけなのです。

だからこそ、すでに「買い」でのトレードルールを理解されている方や
実際にトレードを行なっている方にとって『空売り』はそれほど難しいものではなく、
上昇相場での「買い」と同じようにトレードしていただけると思います。

私の空売り手法とは?

ここまで読み進めていただいたあなたは
空売りを身につけることの必要性を十分に理解されたかと思います。

そして実際に空売りをやってみたいと思われた方もいるのではないでしょうか?

そこで重要になってくるのが、
私たちの手法があなたに実践していただきやすい内容であるのか
ということです。

そこで、この空売り手法の内容を簡単にですが
説明させていただきたいと思います。

私たちがマニュアルでお教えしている空売りの手法には
【75日線の向き】【MACD】【一目均衡表】【売買高】などなど
あなたに確認していただきたい空売りのサインがいくつかあります。

そして、これらのサインができるだけ揃っているところで
空売りを仕掛けていただくことで
利益を出る確率を高められるというものです。

株式投資とは確率の考え方が非常に重要です。

勝てる確率の高いところでトレードを行なっていれば
最終的に、プラスにすることができるはずです。

だからこそ、1つのサインだけでなく
より多くのサインが揃っているところで
トレードしていただき、思惑通りの結果を出して欲しいのです。

しかし、それらのサインが多く揃っているところを
チャートの中から探し出すというのは非常に難しいことだと思います。

そのため、このマニュアルでは
より利益が出る確率の高いポイントを
4つ指定させていただきました。

あなたにはチャート上にある空売りのサインを闇雲に探すのではなく、
私たちが指定した4つのポイントで空売りのサインが出るのを待っていただくことで
より確実な利益を得ていただきたいと考えています。

難しいことはありません。

マニュアルでお教えしている空売りのサインを覚えていただき
4つの指定したポイントでサインが出るのを待っていただくだけで
利益が出る可能性の高いトレードをしていただけるのです。

以上が私たちの空売り手法の全体像です。

マニュアルでお伝えしている空売りを仕掛けるための「サイン」、そしてそれらのサインが有効的に働く「4つのポイント」、これらを身につけていただくことであなたに短期間で大きな利益を目指していただきたいと思っています。

・・・とこれまでが私たち手法の全て、と言いたいところなのですが、

実はこれだけではありません。

今回のマニュアルでは実際に私たちより大きな利益を狙うために使っている
7つの確認事項をあなたにお教えいたします。

その名も『7つの利益倍増法』です。

4つのポイントをしっかり理解して、空売りを仕掛けていただき、
さらに『7つの利益倍増法』で利益をどんどん伸ばして欲しいと思います。

それでは、7つの利益倍増法を1つ1つご紹介します。

まとめ

@一目均衡表で最後のフィルタリング

やはり、いくら自信を持ってエントリーしたとしても、不安は拭いきれません。

しかし、日本古来のテクニカルチャート一目均衡表を使うことにより、
より確実な根拠を持ち、その銘柄の動向を予測できるようになるでしょう。

まさに我々個人投資家の背中を押してくれるツールと言えるでしょう。

A「信用残」でライバル投資家の心理をチェック

基礎編でお伝えした6つの条件を確実に守って、ルール通りにトレードして頂ければ、安定した収益を目指していただくことも可能だと考えていますが、「できる限り損切りは避けたいし、利益は伸ばしていきたい」と思うのが我々個人投資家の本音です。

「信用残」を確認することで、今後株価が上がりそうな相場でも、
下がる事を期待している投資家が多い事を目で確認する事ができます。

株式投資はライバル投資家との心理戦です。

勝てるトレードを繰り返すには、ライバルチェックは怠れません。

B100年以上前から投資家に愛され続けた「ダウ理論」

トレードの基本中の基本は「ダウ理論」です。

しかし、ダウ理論をきちんと理解し、株式投資で活用している個人投資家はそう多くありません。それもそのはずどのように株式投資にあてはめればいいのか、くだいた言葉を使うと、どこでエントリーし、手仕舞いすればいいのかがあまり明らかにされていないからです。

100年以上前から投資家に活用されてきた本物のトレード手法を、簡単にわかりやすく、明日から使えるように伝授いたします。

C「グランビルの法則応用編」上昇相場なのに『空売り』ってほんと?

基礎編ではお伝えしていなかったグランビルの法則応用法。
さらに踏み込んで、売買ポイントを増やす方法を伝授します。

これで、資金効率が増し、資産の増加も見込めるかもしれません。

これは通常の投資家たちにはタブーとされている上昇相場なのに空売りを仕掛ける方法になります。なぜ、タブーとされているのかと言うと、難しいからです。しかし、勝率の高い売買ポイントは存在します。膨大な検証と実践により、それを明らかにいたします。

D「パーテンション理論とトレンドライン」で急上昇(急下降)する銘柄をつかめ!

株価は一定の価格帯で上下し、その価格帯を抜けると急上昇(急降下)します。という事は、そこを確実に拾って利益につなげない事は、目の前に落ちている現金の束を拾わないようなもの。

何度もお伝えしているように、
チャートに2本の線を引くことにより、一発で確認することができます。

その線を超えたらエントリーすると含み益がぐんぐん増えていきます。

E「ローソク足の窓」が教えてくれる相場状況を読み取れ!

チャートを見ていると、ローソク足とローソク足の間に隙間ができているのを見ることがあると思います。これを「ローソク足の窓」と言い、あるサインを発しているのです。

そのサインには、急上昇するサイン、急降下するサイン、天井のサイン、底のサインなど、我々が喉から手がでるほど知りたい情報を教えてくれるのです。これを知るだけで、天井のサインが出ているのに、買いエントリーするのは間違っていますよね。

ローソク足の窓から得られるサインをすべて伝授します。

F「チャートの天井と底」を知り、利益最大限化を目指そう!

基礎編のグランビルの法則では、3回上昇したら一旦上昇は終わりという事をお教えしました。
しかしながら銘柄によっては4回、5回と上昇するケースがあります

高値圏での買いエントリーはとても危険な一方、チャートを見抜くことにより、着実に利益につなげることも可能です。

3回上昇した後に4回、5回とぐんぐん上昇する相場を確実に利益につなげたいなら、ここで教える手法は確実にマスターしてください。

0

これらの手法は、買い、空売りに関係なく、
大きな利益を狙うための方法です。

例えば、基礎編では、
75日移動平均線の上にローソク足がこなければ
買いエントリーをしてはいけない。

とお伝えしていましたが・・・

実はある方法を使うと、75日移動平均線の下で
買いエントリーできる
ようになります。

また、
グランビルの法則応用編を身に付けていただくことで
基礎編ではお伝えできなかった4回目以降の上昇でも
確実な利益を狙っていただける
ようになるでしょうし、

ダウ理論の習得により上昇トレンド下降トレンドを
正確に見極め、買いでも空売りでも
売買のチャンスを増やすことができる
でしょう。

つまり、プロの投資家集団と同じような目線で
買い・売りのエントリーポイントを見極めることが可能になり、
今までに比べ、短期間でより大きな利益を狙えるようになるはずです。

まさに、利益を倍増できる株式投資法になると思います。

もちろんこの『7つ利益倍増法』は
実践することが難しい手法ではありません。

「株式投資錬金術」でお伝えしたトレードルールの補足的なものだったり、
指標から単純なサインを確認していただくものであったりします。

ですので、きっとすぐに理解していただき、
実践していただくこともできるだろうと考えています。

では、マニュアルの内容について簡単にまとめさせていただきます。


@明日、株価が上がるのか下がるのかを予測できるようになってもらいます。

明日の株価が上がるのも、下がるのも明確な理由があるということはお伝えしたかと思います。
そしてそれはチャートから知ることができるのです。

このマニュアルでは基礎編でお伝えできなかったチャート上の様々なサインをお教えし、株価の動きをより正確に予測できるようになってもらいます。しっかりとした予測を立てることができれば、その予測に沿ったトレードができるようになるため、利益を得られる可能性も高くなるでしょう。

A空売りを仕掛ける4つのポイントを伝授

空売りを仕掛ける時のポイントは大きく分けて4つあります。このポイントをあなたには正確に理解していただきます。
相場が上がっている時には、買いエントリーは当たり前のことですが、下がっている時に、空売りのポイントを知れば、相場の状況に関係なく利益を狙っていただくことができるのです。是非、4つの空売りポイントを理解し上昇相場でも下降相場でも利益を狙えるようになってください。

B7つの利益倍増法で収益向上を狙う

私が短期間で大きな利益を得るために、長年をかけて研究した『7つの利益倍増法』をあなたに伝授いたします。
この手法は買いでも、空売りでも大きな利益を狙えるようになる方法です。しかもこのマニュアルでは実際のチャートを使いながら具体的に説明していきますので、より実戦に近い環境で『7つの利益倍増法』を理解していただけると思います。

トレードの精度をより高めるために

ここまで私たちの空売り手法、そして7つの利益倍増法についてご紹介させていただきました。
これが『株式投資錬金術 応用編』の内容です。

この内容をしっかり身につけていただければ、今までよりも短期間で大きな利益をあげることが可能になると確信しています。

そのため、これ以上何かを追加して覚える必要はないと思っていました。

しかし・・・

よりトレードの精度を高めるために活用するべき2つの指標を見つけ出しました。

この2つの指標を活用し、投資戦略を立てていただくことで、
今までよりも増して、トレードの精度を高めることができるでしょう。

それが、

  • 投資部門別売買状況
  • RSI

です。

【投資部門別売買状況】【RSI】について簡単に説明させていただくと、

【投資部門別売買状況】とは、
投資家別に見た日本株等の取引状況が記載されているものです。

これを正しく見ることができれば相場に強い影響力を持つ
海外投資家の動きを、把握することができるようになります。

【投資部門別売買状況】の正確な見方を知っているトレーダーは少ないです。

この情報を見ることで、

海外投資家(勝ち組)の動向、
「買い優勢」なのか、「売り優勢」なのか、
を金額で見ることができます。

【投資部門別売買状況】の見方を正確に覚えていただくことで、
大局的な相場の流れを知ることができ、
チャート分析、投資戦略に役立ていただける思います。

そしてもう1つが【RSI】です。

これは主に、
手仕舞いの目安や、株価のさらなる上昇や下降の
判断材料として使っていただけます。

一見難しそうに見えるかもしれませんが、
見ていただくサインも明確なものですので、
すぐにでも実戦で使っていただけるようになると思います。

先ほどもお伝えしましたが、

【投資部門別売買状況】

【RSI】

これらはあなたのトレードの精度をより高めてくれるものだと確信しています。

しかし、このマニュアルのメインはあくまでも『空売り』の手法と『7つの利益倍増法』ですので、この2つの指標は、それらをしっかりと理解していただいた上で余裕のある方に是非、覚えていただきたいものになります。

※これら2つの指標は2017年6月に行なった応用マニュアルのリニューアルより新たに追加した指標です。

実際の声をお聞きください!

冒頭の成績画像のところでもご紹介させていただいた、

2016年に4000万円以上の利益を上げられた池田様から
『株式投資錬金術 応用編』についてのインタビュー動画を撮らしていただいたので、
こちらの動画をご覧ください。

※池田さんはその後、2017年4月より杉山と一緒にトレーダーや講師として活動中です。

さらにセミナーの講師である、遠藤先生が
どうしてもあなたにお伝えしたいことがあるということで、
動画を撮影させていただきました。

この動画では、「株式投資錬金術 応用編」を勉強することで

【どのような変化が期待できるのか?】

【なぜ空売りを身につける必要があるのか?】

ということをお話ししているので、
参考までに是非ご覧になっていただければと思います。

そしてもちろん、あなたにはこのマニュアルの全てを確実に身に付けていただきたいと思っておりますので、半年間のメールサポートを無料でお付けして、全力でサポートさせていただきます。ですので、私たちと共に頑張っていきましょう!

メールで徹底的にサポートいたします。

ひとりでは不安で結局行動できなかったという事が無いように、メールサポートをお付けいたしました。お申込みいただいてから半年間、メールで徹底的にサポートさせていただきます。また安心して取り組めるよう、ご相談いただいてから48時間以内の返信をしております。(土日、祝日を除く)原則としてメールサポートは1日1回まで私たちと一緒に取り組んで、新たな収入源作りを目指しましょう。

無償バージョンアップ

メールサポートをしていく上で、どこが初心者にわかりづらいか?など常に新しい発見があります。そこで、メールサポートの内容を元に、このテキストは随時バージョンアップしていくことにしました。質問をいただいた内容を反映させることで、より分かりやすいテキストにしてお届けしたいと思います。もちろんバージョンアップ版は無料での進呈となります。
※バージョンアップは予定ですので、必ずしもお約束するものではありません。バージョンアップはデータ版でのお渡しとなります。

ここでお願いがあります

私たちはあなたに、空売りと7つの利益倍増法を身につけていただくことで、
上昇相場と下落相場でも利益を狙えるようになり、
今まで以上の収益を得ていただくことも可能になると考えています。

事実、このマニュアルを使って、
大きな利益を上げられている方もいます。

そこで、あなたにお願いがあります。

これからも継続して、
更なるマニュアルの改良をしていきたいと
考えています。

そのために、このマニュアルを実践した感想や、
成績を私に教えて欲しいのです。

マニュアルの改良にも繋がりますし、
あなたの成果が、これから空売りを学ぶ人にとっても
大きな励みになるはずです。

感想や成績を教えていただくというご協力を前提に、
3日間の限定ですが、特別割引価格で
ご提供させていただきます。

通常、69,800円のマニュアルを
3日間限定で49,800円とさせていただきます。

<3日間限定!2万円特別割引!>


通常69,800円 → 
特別価格49,800円

※3日間以降は69800円でのご提供となります。
特別割引がある今のうちにお申し込みください。

※また、マニュアル実践後、どんな内容でも構いませんので
メールにてご感想、ご意見を頂けると幸いです。
(購入後3ヶ月以内を目安にお願いします。)

【お金の学校】2年で1億円!片手間副業で毎月300万円を稼いでいる株式投資錬金術のお申込み 商品にはダウンロード版と配送版の2種類があります
今すぐ、空売りの稼ぎ方を入手
電話・FAXでのお申込み

お支払方法

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当教材は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る場合があります。 株取引には取引業者の売買手数料がかかります。

メッセージ

なぜ私が今「空売り」を身に付けて欲しいと思っているのか?

結論から言わせていただきと、勿体ないからです。

定期的にくる暴落相場を大きな利益を得るチャンスに変えることができるのに、
『空売り』のやり方を知らないという理由でただただ見ていることしかできないとしたら、
大きな機会損失ではないでしょうか?

『空売り』ができないということは、言わば

株式投資という戦場の中で片手で戦っているようなものなのです。

確かに片手でも勝てるようになるかもしれません。

しかし、両手を使えた方が
勝てる可能性が高くなるということは明らかだと思います、

『空売り』を身につけるということは
株式投資という戦場で両手を使いながら戦えるようになるためのものなのです。

そして、プロの投資家と同じように戦うためには
『空売り』を身につける必要があると私は思っています。

実際に下の日経平均チャートをご覧ください。

これを見ていただくとわかる通り、
イギリスのEU離脱の時も、アメリカ大統領選挙の時も相場は大きく動いています。

多くの方はこういった急激な下落相場を恐れますが、

私たちは違います。

その下落相場こそ、大きな利益を得るチャンスだと考えているのです。

相場が大きく動くということは、両手を使い大きく稼ぐチャンスなのです。

だからこそ、あなたにはこういった急激な下落相場でさえ
確実に利益に変えられる力を身に付けていただきたいと思っています。

確かに、今回ご紹介している応用マニュアルは
基礎編の内容と比べると少し難しい内容になっているかもしれません。

しかし、この応用マニュアルはより利益に直結した内容になっているので
正確に理解さえしていただければ、
大きな利益を得ていただくことも十分に可能だと思っています。

だからこそ、今よりももっとトレード機会を増やし、
より大きな利益を狙えるようになりたいと考えている方は
ぜひこの『株式投資錬金術 応用編』を勉強していただければと思っています。

私たちも全力でサポートしていきますので
一緒に頑張っていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

追伸

基礎編に引き続き、この応用編のページもご覧いただけましたことを心から感謝いたします。
ありがとうございます。

今回ご紹介しているこの応用編では、
新たな売買手法として「空売り」を習得していただくとともに、
買い戦略でも大いに活用していただける応用テクニックを収録しています。

販売ページでもお伝えしている通り、
この空売りと応用テクニックを使いこなしていただければ
今以上に大きな利益を狙えます。

もしかしたら中には、
応用編の内容を最初から教えて欲しかったと思った方もいるかもしれませんが、
基礎編と応用編を分けたのには明確な理由があるんです。

それは、、

「基礎編でお伝えした内容をちゃんと土台と出来るからこそ、応用編の内容が活きる」

からなのです。

空売りは使いこなせれば大きな利益を短期間で得ることも可能です。

でもその手法を知ってしまうとついつい大きな利益に誘われて、
基礎の内容を無視したトレードをしてしまうのです。

空売りはご存知のとおり信用取引で行いますから、
ちょっとしたミスが大きな損失につながりかねません。

そういったリスクは現実的にあります。

だからこそ、まずは基礎の内容をしっかりと習得していただき、
次のステップとして空売りを学んでいただきたい。

それが結果的に皆様の資産を守ることになると考え、
別途応用編としてお伝えすることにしています。

不安にさせてしまったかもしれませんが、
マニュアルで書いてある通りにやれば大きな損失を生むことはまずありません。

安心して新たな技術を自分のものにし、
株式投資でより大きな利益を狙ってください。

この応用マニュアルが皆さまのお役に立てたら幸いです。

【お金の学校】2年で1億円!片手間副業で毎月300万円を稼いでいる株式投資錬金術のお申込み 商品にはダウンロード版と配送版の2種類があります
今すぐ、空売りの稼ぎ方を入手 電話・FAXでのお申込み

お支払方法

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当教材は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る場合があります。 株取引には取引業者の売買手数料がかかります。