GEMFOREXのロスカット水準は?ロスカットを避ける方法

「ロスカット水準」の前に、まずは「ロスカット」について知っておく必要があります。

 

ロスカット
証拠金維持率がブローカーの定める数値までダウンしたときに、自動的に行われる決済のこと

 

相場が予想とは反対の方向に動き続けると、どこかのタイミングでロスカットされることになります。

 

ロスカット水準
ロスカットされるときの証拠金維持率(業者によって異なる)

 

そして実際にロスカットされてしまう証拠金維持率のことを「ロスカット水準」と言います。

「傾向」はありますが、FX業者ごとにロスカット水準は異なるので、取引を始める前に確認しておきましょう。

GEMFOREXなどのマージンコールとは?

 

マージンコール
ロスカット水準に達する前のどこかのタイミングで、トレーダーに対して送信される「証拠金維持率を上げてください」という通知

 

つまり「このままだとロスカットされますよ!」という警告ですね。

ただしあくまで通知に過ぎませんから、この段階でなんらかの決済などが行われることはありません。

ちなみにマージンコールはメールで送ってくるFX業者が多いです。

GEMFOREXのロスカット水準は何パーセント?マージンコールはいつくる 

GEMFOREXのロスカット水準は20パーセントです。

また、マージンコールは証拠金維持率が50パーセントになったときに届きます。 

海外FX業者の中には、GEMFOREXのように「ロスカット水準20パーセント/マージンコール水準50パーセント」にしているところが多いですね。

ちなみに、

 

国内FX マージンコール後は新規ポジションが持てなくなる
海外FX マージンコール後も新規ポジションを持てる

 

という傾向にあります。

(あくまで傾向ですので、取引の前に必ず確認してくださいね)

 

GEMFOREXについても、マージンコールが来てからも新規ポジションを持つことができます。

ただし、「マージンコールが送信される時点で取引としては大失敗している」と言えますから、むやみにポジションを増やさないことをおすすめします。

GEMFOREXXMをロスカット水準などで比較

続いてGEMFOREXXMをロスカット水準などに関して比べてみます。

 

  • ロスカット水準
  • マージンコールはいつくる?
  • マージンコール後に新規ポジションを持てるか

 

ロスカット水準

 

GEMFOREX 20パーセント
XM 20パーセント

 

両者ともロスカット水準は20パーセントです。

ちなみに、海外FX業者の中にはロスカット水準を0パーセントとしているところもあります。

 

マージンコールはいつくる

 

GEMFOREX 50パーセント
XM 50パーセント

 

こちらも一緒です。

ただし、XMについては、メールでマージンコールが送られてくることはありません。

「取引プラットフォームであるMT4MT5)において、残高等の表示が赤くなる」ことがマージンコールが発生している合図となります。 

一方、GEMFOREXの場合はマージンコールがメールで送信されてきます。

マージンコール後に新規ポジションを持てるか?

 

GEMFOREX 持てる
XM 持てる

 

両者ともに、マージンコールが来てからでも新規ポジションを持つことが可能です。

ただ繰り返しになりますが、マージンコールが発動する時点で大きな損失が発生しているはずですので、安易に新規エントリーをしないようにしましょう。

これはGEMFOREXXMに限らず、あらゆるFX業者での取引に関して言えることです。

GEMFOREXでロスカット水準に達しないようにする方法は

では、GEMFOREXでロスカット水準に達しないようにするためにはどうすればいいのでしょうか?

FXトレードをする上で意識すべきことは主に5つあります。

 

  • 証拠金維持率を常に5001000パーセント以上にする
  • レバレッジ倍率は高いほうがいい
  • 取引量を多くしすぎない
  • 損切りラインを決めておく
  • 指値注文/逆指値注文をしておく

 

証拠金維持率を常に5001,000パーセント以上にする

GEMFOREXなどで海外FXトレードをする場合は、証拠金維持率を常に5001,000パーセント以上にしておくことをおすすめします。

なぜなら、相場が急変すれば証拠金維持率が一気に数百パーセント動くケースがあるからです。

そもそも普段から「マージンコール」や「ロスカット水準」のことを、アタフタと考えながら取引しているようでは余裕がなさすぎると言えます。

ロスカットのことを忘れられるくらい、ゆとりのあるトレード生活をしましょう。

 

レバレッジ倍率は高いほうがいい

一例として、

 

必要証拠金:10万円

有効証拠金:5万円

レバレッジ:1倍

 

だったと仮定します。

このタイミングでの証拠金維持率は50パーセントです。

GEMFOREXXMでは、この時点でマージンコールが来てしまいますね(このまま間もなくロスカット水準に達する可能性が高いです)。

しかし、例えばレバレッジを5倍に上げると

 

必要証拠金:2万円(10万円÷5倍)

有効証拠金:5万円

レバレッジ:5倍

 

となるので、証拠金維持率は250パーセントとなります。

つまり「レバレッジ倍率を上げるだけで、証拠金維持率を上げることができる」のですね。

GEMFOREXの最大レバレッジ倍率は1,000倍ですから、証拠金維持率を5001,000パーセント以上に保つのはそれほど難しいことではありません。

XM888倍です。GEMFOREXほどではありませんが優秀ですね)

よく「安全にFXトレードをしたいのであれば、レバレッジ倍率を下げましょう」などと言いますが、それは基本的には間違っています。

 

取引量を多くしすぎない

また同じ例を使いますが、

 

必要証拠金:10万円

有効証拠金:5万円

レバレッジ:1倍

 

このタイミングでの証拠金維持率は50パーセントでしたね。

ですが、このまま取引量を例えば2倍にしてしまえば、

 

必要証拠金:20万円(2倍)

有効証拠金::5万円

レバレッジ:1倍

 

となり、証拠金維持率は25パーセントになってしまいます。

レバレッジのことばかり考えていると意外と見落としがちな気がしますが、「『取引量を下げること』は安全に取引するためのシンプルな答えである」という事を忘れないようにしましょう。

最大レバレッジ倍率が高いGEMFOREXなどを利用していても、取引量をむやみに上げてしまっては意味がありません。

すぐにロスカット水準に到達してしまう事でしょう。

※ただし取引量が少なすぎれば、当然利益も少なくなります。このあたりのバランスをきちんと取るようにしましょう

 

損切りラインを決めておく

 

損切り
含み損がある状態で決済すること。損失は出ますが、「損失が膨らみすぎる前に切り抜ける」という意味がある有意義な選択です

 

損切りライン
「どういう状態になったら損切りをするか」の基準

 

損切りラインをハッキリと決めておかないと、「まだ大丈夫……。まだなんとかなる……」などと、ズルズルと含み損を増やしてしまって、最終的にロスカット水準に達してしまってもおかしくありません。

 

指値注文/逆指値注文をしておく

 

成行注文
「相場を見てその場で行う注文」のこと

 

指値注文/逆指値注文
○円で買う(売る)と事前に入れておく注文のこと

 

指値注文・逆指値注文をしておけば、自分のその場の感情に左右されることなく、買ったり売ったりすることができます。

 GEMFOREXXMに限らず、全てのFX業者で指値注文・逆指値注文を行えますので活用しましょう。

一方、成行注文には「その場の感情で売買してしまいやすい」「注文価格がズレる可能性がある」などのデメリットがあります。

稼いでいるトレーダーの中には「成行注文は基本的にしない」というスタイルの人も少なくありません。