GEMFOREXの安全性をXMと比べてみました!

GEMFOREXに限らず、FXにおいてはその安全性というものが重要になってきます。

国内FXだと安全性が高いといった話をよく見聞きするものですが、だからといって海外FXの安全性が低いというわけではありません。

もちろん、海外FXだからこそより注意すべきところはあるのですが、安全性が高く、安心して使っていくことのできる海外FXも確実にあるのです。

そこで今回は海外FXの中でも安全性が高いことで知られているGEMFOREXについてXMと比較する形で詳しく見ていきたいと思います。

GEMFOREXが取得している金融ライセンスの安全性

FX業者の安全性を判断していく上で目安になるのが金融ライセンスです。

安全性というのは単純に金融ライセンスの取得の有無だけで判断できるようなものではないのですが、目安にはなります。

GEMFOREXは長年、優良FX業者でありながら金融ライセンスを取得していないということで安全性が疑問視されていた部分もあるのですが、そのGEMFOREXもようやく金融ライセンスを取得しました。

それがニュージーランドのFSP(FSPR)の金融ライセンスです。

GEMFOREXの公式サイトには「ニュージーランド金融ライセンス番号:FSP564306」の記載があり、FSPのほうでも金融ライセンスの取得が確認できます。

ニュージーランドのFSP(FSPR)の金融ライセンスを取得するためにクリアすべき条件は、以下の通りです。

 

  • ニュージーランドにオフィスを持つこと
  • オフィス内にコンプライアンス・ディレクターを雇うこと
  • 顧客の取引記録、顧客審査、アンチマネーロンダリング等の手続きはニュージーランド国内のオフィスで取り扱うこと
  • コンプライアンス検査を問題なくクリアすること

 

実は、GEMFOREXがニュージーランドのFSP(FSPR)の金融ライセンスを取得したときに「難易度の低い金融ライセンスだからあまり意味がない」といった主張をする方もいました。

ただ、ここ最近でニュージーランドのFSP(FSPR)の金融ライセンスの難易度は上がっていると言われています。

それにGEMFOREXは金融ライセンスの取得に積極的な姿勢を見せているので、今後さらなる金融ライセンスを取得し、その安全性への説得力を増していく可能性もあります。

 

XMが取得しているのはセーシェル金融庁の金融ライセンス

一方で、XMはというとセーシェル金融庁の金融ライセンスを取得しています。

XMの公式サイトにも「Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。」という記載があります。

セーシェル金融庁の金融ライセンスはハードルが低いと言われており、その理由となっているのが以下の要件です。

 

No minimum share capital requirement.
自己資本金に関して最低いくらといった要件はない
No requirement to audit accounts.
会計監査の必要はない
No requirement for a company Secretary
会計書記役を置く必要はない

 

GEMFOREXが取得している金融ライセンスと比べた上で安全性を語るのは難しいのですが、XMは欧州では難易度の高い金融ライセンスを複数取得していると言われています。

ただし、日本にいる日本人が海外FXとして使っていくのであれば、GEMFOREXのほうが安全性は高いのかなという印象です。

GEMFOREXが採用している資金管理の安全性

FX業者における安全性といったときに、「自分のお金や資産が安全なのか?」という部分を最優先に考える方は多いでしょう。

ユーザーのお金や資産に直結してくるのが、そのFX業者が採用している資金管理の方法です。

もっとも安全性が高いのは全額信託保全なのですが、分別保管でも一定の安全性は確保できます。

GEMFOREXでは分別保管が採用されているのですが、ユーザーの資金とは別にそのユーザーの資金と同じだけの資金を保管しているため、万が一ユーザーの資金に問題が発生したとしても対応ができるようになっています。

分別保管ではあるものの信託保全的な要素も含まれているため、GEMFOREXは安全性が高いと言っていいでしょう。

 

XMが採用しているのも分別保管

XMもGEMFOREXと同じように分別保管を採用しているのですが、GEMFOREXのように信託保全の要素を持ち合わせているかというとそうではありません。

シンプルな分別保管なので、安全性で見るとGEMFOREXのほうが高いと言えるかもしれません。

日本の金融庁から見たGEMFOREXの安全性

GEMFOREXは以下のように日本の金融庁から警告を受けています。

時期は異なりますが、同じ内容でXMも警告を受けています。

 

<無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について(警告書の発出を行った無登録の海外所在業者)

商号、名称又は氏名等(Trade Name or Name 所在地又は住所(Location of Office or Address 金融商品取引業の内容等(Content, etc. of Financial Instruments 備考(Notes 掲載時期(Publication
GEM-TRADE Co.,Ltd

代表取締役CEO Keith

Fitzwilliam

Suite 901 Level 9 The Hong

Kong Club Building 3A Chater

Road Central Hong Kong China

インターネットを通じて、店頭デリバティブ取引の勧誘を行っていたもの。 当該業者が提供するサービスの名称は「GEMFOREX」である。 平成2710
Trading Point (Seychelles)

Limited

Mont Fleuri, Mahe,

Seychelles

インターネットを通じて、店頭デリバティブ取引の勧誘を行っていたもの。 代表者等の氏名は「不明」。

当該業者が提供するサービスの名称は「XM.COMXM)」であり、平成24614日付で警告を行った「Trading Point of Financial

Instruments Ltd.」が提供していたサービスの名称と同一である。

平成285

 

日本の金融庁から警告を受けていて、無登録となってくると安全性も何もないような感じがしますが、正直なところ、この日本の金融庁からの警告というのは安全性とは関係ありません。

というのも、日本の法律上では海外FXは日本人向けにキャンペーンをしてはいけないのです。

要は、日本人向けにキャンペーンをおこなっている点のみが問題視されているだけであって、GEMFOREXにしてもXMにしても不健全な運営がなされているわけでもなく、何かしらの悪質な行為が見受けられたわけでもないのです。

金融庁からの警告というとそれだけでアウトな感じがしてしまうかもしれませんが、安全性とはまったく関係ない部分なのでその点は安心してください。